□の△

d0007268_334720.jpg


(書き終わって見ましたが、今日は長いし、酷いもんです。せっかく書いたので残しときますが、語弊や誤解を招く表現もありますし、無知をさらしている部分がありますよ。読みごたえはないものとお考えください。いつものことではありますが)

願書がとどいて資格の取得に怯える中、
刺客の参画で俄然盛り上がる総選挙が明日に控えておりますが、
いまだにどこに入れたらいいのかっていうのはわかりません。
堀内監督の刺客である星野さんは身を引いたようですが。

最近思うのは、テレビやヤフーのトップ記事だけ見てればいいのか。
新聞に載っていることだけが本当のことで、新聞に載っていることだけが
今起こっていることなのかということです。
載ってないことは問題じゃないのかというのが大きな問題で、
載ってなければみんな知らないままだし、そのまま問題が問題のままに
なってることで解決する、というより解決したことになっているというのが
いいのか悪いのか。という問題があるはずです。

たぶん、表に出てる問題にしても、どっからどこまでが「問題」っていう線引きができてるわけがないから、
テレビや新聞がめんどくさくなったところ(というと語弊があるかもわからんですが)
でおしまいにしてるところがあるわけです(たぶん)。その一方では新聞が売れなくなると
新聞側もこまるから、貴乃花とかヨン様とか、杉田かおるとか、ゴシップやなんか
どうでもいいっちゃあどうでもいいモノを織り交ぜているんじゃないですか。
メディアの仕事は本当のことを表に出すことがすべてではなくて、
新聞が売れたり、視聴率が上がったりするようなことを考えないと食っていけない面が、
たぶん、あるんじゃないのと思うわけです。

問題ひとつとったって、ものすごくいろんなことが複雑に絡み合っているんで、
たとえば談合問題にしても、橋をどんどん安くして質をそのままにしたら、
当然橋の会社はキツイだろうし、潰れる会社も出てくるだろうし、外国の安い労働力を
使うようになって、日本の仕事がなくなって、いろんな下請け会社が参ってしまうし、
業者や外注の皆さんも泣くようなことになるし、技術力がなくなって、
日本で橋を作れなくなっていくことにもなりかねない。って考えるとめぐりめぐって
いろんな人に返ってくる問題でもあるわけで、非常に難しいことになるわけです。
でも、そこまで問題視しない。問題を全部言うと時間がかかるし、めんどくさいからです。
問題を調べる側も、伝えるほうも、聞くほうもめんどくさい。
だから談合は悪いことで、絶対にやめたほうがいいということにしておいて、
あとは知らん。てなる。これはいいのか。

たとえば、郵政を民営化するとどんなことがあってどんなことが便利になるとか困るとか
やってみないとわかんない感じのものを、断行するとかしないとかする前に、
ヤフーのトップニュースに首をつる小学生が出てくるようなことでいいのかとか、
拉致問題の解決が先なのかとか、テレビ局を買収できにくくするのがいいのか、
ダイオキシンはとりあえずあとまわしにするのか、靖国にいかないようにするのがいいのか、
年金をちゃんと整備したほうがいいのか、サラリーマンの増税をしたほうがいいのか、
消費税を上げたほうがいいのか、談合をなくしたほうがいいのか、
地震や津波の対策の前にテロ対策をしたほうがいいのか、介護や教育の問題より
北朝鮮をやっつけるのが先か、中国を黙らせるのが先か、アメリカに従うのが先か、
学校の先生も警察官も不祥事、政治家の護身、医者の誤診、審判ですら誤審する
昨今で、なにになら頼れるのか。
そんなもん少なくとも小生にはわからんし、答えはないもんだと思います。
全部いっぺんにやるのは無理だし、仮に全部できたところでまた新しいのがでてくるわけです。

もはやニュースで橋本元総理のヤミ献金を誰も問題視してないのも、
もう世間は興味もなくなってしまったからで、問題ではなくなってるからでしょう。
ぜんぶ時間が解決する部分が多いのではないでしょうかね。
豊かである証拠であり、いいことだという風にも見えます。



ってなると、内部が混沌としている民主党が、今の日本にはふさわしいのでは。
いろんなことはあきらめて、「日本をあきらめない」民主党に入れようかなと。


小生はモノを知らないから、わかりません。でも、選挙権はもっておる。
ホリエモンが落ちるといいなあ。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-09-11 03:07 | 手記
<< 小泉新党 はじめまして >>