よみがえる動静2

よみがえる動静の時間です。今日は学生時代にはじめて論文を書いた記念の日記をひとつ。

d0007268_348466.jpg


井澤 2003/9/10 (Wed.) 12:40:58
渋々ダラダラと書いていたつまらない論文ができました。できた瞬間は喜んでいたものの、その内容のつまんないっぷりに、喜びも束の間のものとなったわけですが。ま、渋々書いていたわけですし、ダラダラ書いていたわけですし、つまんないわけですから。なんか達成感が全然ない。デパートの剥離清掃のほうが達成感あるもんな。

「論文を書く」なんていいますと、すげえことやってるように聞こえますが、幼稚園で言うところの「ぬりえ」から、小学校に入って「さんすうドリル」、中学・高校で「宿題」、大学に入って「レポート」となってきたものが、大学院だと「論文」となるだけの話で、ほんっとに根本的なところは変わらないんじゃねえかって言う気もします。ま、内容はもちろん違うわけですが。でもなんといいますか、私の論文なんかだったら、まだぬりえのほうが内容があるんじゃねえかっていう気もしますが。

論文書いている途中に私はものすごい事に気がついてしまいました。今すごく憂鬱です。これについては愚痴る機会があれば書きます。

おっと、内定式のお手紙が来てましたよ。今まで先生からの「井澤君 内々定の通知が就職担当の先生に来ているとのこと。おめでとう。 秋澤」のメールでしか、内定の通知を知らされていなかったので、人間不信な小生は「ほんとに決まったのかよ」と半信半疑であったわけですが、これで晴れて内定式と健康診断にはいけるようです。しっかし手紙の封を開けるときも「今回の内定の話はなかった事に」とか「内定式が8日に行われますが、井澤さんは来なくていいです」とか書いてあったら泣くなと思いました。自分に自信が持てるようになりてェ。くびにならないように頑張ります。


くびにならねえようにがんばっておりますよ。なりそうですが。

それにしても、「論文書いている途中に私はものすごい事に気がついてしまいました。」というのに、今時分ではまったく覚えていないあたり、私は学習能力が相当ないんだろうなあという気もします。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-10-08 03:47 | よみがえる動静
<< 有休ならず無給 こんなブログに誰がした >>