有休ならず無給

d0007268_21161651.gif

9月に有休を使って涙が出るほどくだらないことをしようと思っていたんですが、
モタモタしておったら10月になってしまったので、この3連休を4連休にして、
それはそれはくだらんことをしようと企んでおったのですが、先週の金曜日
またモタモタして仕事を土曜日に引きずってしまいました。有休はまた今度。



世間には技術士という資格があって、これをとるとエンジニアと言い張れるんだそうです。
技術士の1次試験を技術士補といって、コレを取るとエンジニア見習いと言い張れる。
言い張れるといっても見習いですが。
小生の会社では技術士補は「とって当然」という位置づけで、たいへん迷惑しておる。
資格というのは元来「持ってるとスゴイもの」であってしかるべきで、「とって当然」
資格を受けさせられるってのはなんともキツイもんです。脅迫に近い。

ムズカシイ試験なら適当にやって受かればもうけものだけど、
受かって当たり前の試験を一生懸命勉強して受かってもさもありなんな扱いを受けるってのは
精神衛生上よくないでしょう。課長。

しかも「とって当然」の資格なもんで、受かったところで給料が上がるわけでも
特別な報酬がもらえるわけでもなくて、課長のボーナスが上がるというんだから
士気も下がります。なんじゃあそりゃ。

そんな技術士補試験を、昨年私は見事に落ちました。
小生が機械卒であるにもかかわらず、課長がまったく管轄外の「建設部門」で申し込んでしまったからです。
わかりやすくいいますと、野球選手が飛行機を運転するくらい難しい。
といういいわけも虚しく、たいへんに肩身の狭い思いをして、一年経ちました。
復讐に燃える設計僧に、また突きつけられた「建設部門」の壁
リベンジを誓う設計僧!どうなる!?




ということが、今日あったわけです。先ほど帰ってきてめしをいただいたところです。
試験のできはわかりません。所感としましては「とても難しかった」と「明治大学がキレイだった」
ということです。
(7年前に明治大学を受けましたが、それはそれは汚かった。
そんな明治大学より、もっとキタナイ大学に通うことになるわけですが)

そんな3連休。全然体育の日じゃない!
きのうヘンに頭にいろんなものを詰め込んだので、なにやら後頭部がヌーンとなっておりますよ。
文章もうまくかけません。ご覧のとおり。

おお神(もしくは部長)よ!小職に残業代を与えたまえ!
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-10-10 21:24 | 手記
<< 追記 よみがえる動静2 >>