サブローが4番を打っておる

数年前の日本人の誰が、ロッテと阪神の日本シリーズをやることを予想しただろうか。これは凄いことなんです。あの、ロッテが、あの、阪神が、優勝を、しているんです。両チームとも申し分ない球団になってまして、優勝するべくして優勝したチームがぶつかってんじゃねえかという気がします。いいじゃないですか。

1989年の日本シリーズは近鉄対巨人。開幕3連勝で日本一に王手をかけた近鉄は、楽勝ムードのあまり、加藤哲は「巨人はロッテより弱い」と言う発言が出たとか。これに巨人(スルメ野球の藤田監督が素晴らしい)が奮起したかどうかは知りませんが、その後近鉄は巨人に4連敗。悲願の日本一を逃し、数年後に球団が消滅するわけです。当の巨人は見事にロッテには及ばないツマランチームになっちまって、つくづくあの発言に歴史を感じずにはいられません。地球は回っておる。世の中は一寸先は闇であり、雨降って地固まることもあれば、犬も歩けば瓢箪から牡丹餅が落ちることもあるわけです。人生はワカラン。本当に。って思いました。

勝手なことをいいますと、今回のシリーズは「日本シリーズで投げるサブマリン」「日本シリーズで投げる下柳」が見れれはもういいかなという感じなんですが、ロッテのベンチには井上純や黒木、初芝、小宮山さんがおりますので、ねぇ、頼むよ。久々だしっていう感じです。超なんとなく。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-10-24 01:18 | SPORTS
<< そういえば 直木賞は諦めます >>