呉とブラシ

d0007268_21513871.jpg


これはビヨヨンとばねがついているブラシです。角野卓三さんあたりが
ホームドラマあたりで頭を叩いているやつ、です。
ちなみにこれはイノシシの毛が用いられています(高級品)。
イノシシの毛がもっともいいらしい。これは私の家宝です。



小生は7月1日付けで異動を申し渡されました。
部署に仕事があまりなくなってしまったので、非常に景気のいいところに
移ることになったのです。まったく違う機種をあつかうことになってしまいました。

ということで先週、広島県の呉というところに、挨拶がてら残務の引継ぎをしに行きました。
呉には会社の工場がありまして、小生が新入社員のときに一年お世話になった設計の
部署があります。
約一年半ぶりの呉は、梅雨空ではなくよく晴れて、非常に暑かった。
呉はかつて軍港だった栄枯盛衰の名残がありながら、ほんとうに時間がゆっくり流れるところです。


呉にはニシカワさんという、設計の大ベテランのおじさんがいまして、
新入社員研修のときに隣の席だったこともあり、たいへん良くして頂きました。
たいへんな雑学王で、相当どうでもいい、余計なことも教えてもらいました。
非常に知識豊富で、不器用な、ややヘンなおじさんです。

ニシカワさんは、設計のことだけでなく、小生の円形脱毛症を誰よりも心配してくれた人です。
昼休みになると、「ちょっと頭見せてみぃ」といって、珍しい隕石を観察するかのように
「ほぅ・・・」と頭を診察してくれました。

ニシカワさんは若いときに血液のナントカいう病気をして、命にかかわるような
状態になったことがあったそうです。手術は成功して、元気になったんですが、
当時薬の副作用で全身の毛がなくなってしまったらしい。
そういう境遇にあった経験から、小生のようなハゲの気持ちが非常によくわかってくれるし、
ハゲにまつわる薀蓄や、バカな話もできる間柄でした。
ニシカワさんは独自で色々研究して、いろんなものを試した結果、
いまでは頭髪が復活しています。執念の人です。



東京に帰る時間になり、ニシカワさんにご挨拶をしたら、

「おー、イザワ君。これあげるわ」

といって、写真のブラシをくれました。頭髪研究の結果、毎日使っていたブラシです。
なんと、柄の部分に毛の生えた記念の日付が入っております。
私は、そんな貴重なものもらえませんといって断ったんですが、

「私がまた禿げてきたら返してくれぇや」

といって、プレゼントしてくれました。うれしかったですね。


7月からの部署で作っているものは、呉工場では扱っていないので、
もう呉に来ることはないかもしれません。私は何年かしたら呉に異動になるものと
思っていたし、それを楽しみにしていたところがあったので、やや、残念。
ニシカワさんにもなかなかお会いできなくなってしまいますなぁ。
そのうちブラシの効果をご報告に行かないといけませんね。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-07-02 23:35 | 手記
<< 不穏 ジーコに感謝 >>