カテゴリ:手記( 148 )

ひさびさに

イザワですこんにちは。
また電話を落としてしまいました。情けない!

さて,井澤企画HPも休止になったので,このブログも心機一転してみようかと思ったんですが,
最近ブログも不自由になりまして,どっかのバカヤロウが殺人予告なんかして,
それを実行してしまったために,下手なことをかけなくなってしまいました。

もともと嘘ばっかり書いてキャッキャキャッキャしていたので,
それを真に受けられても困ってしまうなあという感じです。
便所の落書きも満足にできないといいましょうか。
自由に嘘ばかりついてくだらないことをするところはないものか。
残念な話です。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-06-29 15:30 | 手記

自分不器用ですから

だいぶご無沙汰しておりました。

最近は三谷さんがテレビジャックしているんじゃねえかというくらいテレビに出てて
驚きました。正月の岡島(レッドソックス)より出てます。体大事にしてください。

***

さて,今日の巨人戦は緊張感のあるいい試合でしたなあ。
守備が光る試合というのもいいですね。
シーズン前にラミレス不要論をとなえた人たちが黙っているのが痛快です。

交流戦も内容のあるいい試合が多くてすばらしいのですが,その反面
時代の変化を感じて寂しいというのを感じます。
数年前,私がいちばん好きだったカードは「日本ハム-近鉄」でした。
全盛期は「ビックバン打線」「いてまえ打線」と呼ばれた重量級の打線に,
花火師としかいいようのない両チームの先発が登場すると最高で,
ノーガードで打ち合いまくる試合がなんとも痛快でした。
あの不器用さがよかった。当時私は日本ハムがシーズンに40勝もしてくれれば
満足だったのではと思います。

日本ハムの戦力が整って強くなったのは,それはそれでいいことなんですが,
あの不器用さがなくなったのがちょっと寂しい。
ロッテも阪神も,優勝を狙えるチームになりましたし,楽天も強くなってきました。
野球のレベルが上がっていくのはいいことなんですが,不器用なものを
見られなくなっているような気がしますなあ。

大相撲にしても,かつての舞の海のような技師とか,
小錦,琴稲妻,安芸ノ島のような登場するだけでインパクトのある力士とか,
肥後ノ海とか敷島,湊富士など,顔に個性がある力士が幕内に減ったのは寂しいですね。
勝ち負け関係なく,見に行きたいと思わせるというか,
三役とかならなくてもいいから,俺は応援するぜという力士がもっといたような気がします。

自分が不器用だからかもわかりませんが,
金使っても勝てない巨人や,極貧のカープを応援したくなるのは,
不器用に惹かれるからなのかもしれないなあと思いました。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-06-09 01:22 | 手記

喜びハゲ理論

今日小生の妹は,一回りも年上の先輩の相談に乗ってあげているそうです。
たいした女です。私など生まれて28年間,人から相談など受けたことがありません。
ま,無責任だからですが。

さてさて,イザワ丸坊主10周年のメモリアルイヤーを迎えるに際して,
私が苦節10年をかけてあみ出した「喜びハゲ理論」を中曽根ブログに乗せました。
ひさびさにいい論です。ハゲに悩む皆さんご一読を!

中曽根ニクソンブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/nakasonenixon/

読んだあと怒らないように。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-04-30 23:06 | 手記

ペガッサ

d0007268_12191446.jpg

怒涛の2週連続怪獣版画です。普通。

作風が固まらない今日この頃です。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-04-29 12:57 | 手記

新作

d0007268_1101777.jpg

ひさびさに一作彫りました。ひさびさではあるものの,
リハビリ的に得意な絵をかいたので,なかなかよくできましたよ。

大師匠からお褒めの言葉をいただきました。
あと何点かこさえたら,個展をやってみてはどうかとのこと。
がんばってあと50枚くらい彫らないといかんですね。数年先になりそうです。

いいですね個展。がんばらないと。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-04-14 01:14 | 手記

BAND OF GYPSIES

d0007268_047558.jpg先日アマゾンで買ったのですが,これはすごいCDです。
こういう音楽をなんというのかわからんのですが,
もはやジャンルを超越した,スゴイモノを聴かされたという感じです。
ほかの感想が出てこない。

ジャケットのじいさんがまたイイなあ。

はやくも中曽根先生のブログでスランプです。
なにがしたいのかわからなくなってきました。
もうすこし続けて,様子を見て見ますよ。

むしろ尺八のほうを復活させてみるか・・・。
しばらく試行錯誤ですな。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-04-07 00:52 | 手記

残念

個人的には年に一回の大イベントであるエイプリルフールを
出張によって消されてしまい,残念でなりません。この事実が嘘であってほしい!

こうなりゃ4/1以外の日に嘘をつき続けようと思います。逆転の発想です。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-04-02 22:13 | 手記

振り返る井澤企画

こんばんは井澤です。

ホームページを休載して改めて思うと,井澤企画の中では「井澤頭髪研究所」と
「井ごっつ」あたりが人気があったのですが,個人的に最も力を入れていたのは
実は「中曽根助教授の部屋」でした。

通算にしてなんと100問もの質問をいただき,それに「お答えしましょう」として
嘘ばっかりの回答をしていたのですが,あの嘘っぷりこそ小生のネタで
いちばんやりたいことやってた気がしますね。
「尺八のある生活」も嘘ばっかり書いてましたが,ああいうのが好きです。

井澤企画の休載は,ちょいと忙しくなったのでしょうがねえなあとも思ってるんですが,
昨年中曽根助教授のコーナーを100問目を区切りに終了させたときには,
かなり寂しい感じでした。今読み返しても自分でも秀逸だなあと思う答えが
あったんじゃねえかと思ってます。わかんないですが。

というわけで,中曽根助教授が教授に昇進して楽天ブログで生まれ変わります。

NAKASONE NIXON's BLOG
http://plaza.rakuten.co.jp/nakasonenixon/

また,嘘ばっかり書くつもりです。本当のことも織り交ぜながら嘘ばっかり書くのがポイントです。
中曽根氏が楽天市場で買い物した内容も見ることができるようになっていますよ。

コレまでの井澤企画のネタも織り交ぜながら,
真に受けてしまう人が出てきて,怒られるまで続けてみようかと思います。
どうかひとつ。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-03-30 23:23 | 手記

桑田さんの思い出

出張に行って帰ってきたら,桑田さんが引退していました。
相変わらず,出張に行くと何かが起こります。出張中は新聞もテレビも見ないので,
帰ってきてからオドロクわけです。しかし,急な引退で残念。

私が小四のとき,ジャイアンツを応援し始めたころは,斉藤雅,槙原,桑田という
3本柱の黄金時代だったわけです。また一時代の終焉。寂しいですね。


桑田さんが2002年原巨人1年目に12勝を挙げ,15年ぶりに最優秀防御率賞をとった年に,
私ははじめて日本シリーズの券を取りました。母親と鼻息荒く東京ドームに乗り込んだ
日本シリーズ第2戦。マウンドには桑田さんです。西武は石井貴。

3回に巨人は桑田さんのヒットから打者一巡の猛攻で,6点を取って,
桑田さんが7回1失点と危なげなく押さえて快勝しました。素晴らしかった。
その年,巨人は西武に4連勝して日本一になりました。ああ素晴らしかった。
当時の巨人の4番は松井さん(新婚)。桑田さんからマウンドを引き継いだのは
岡島さん(奥さんは元女子アナ)です。

この年の桑田さんは素晴らしかった。桑田さんが復活のために古武術を取り入れたりしてた話を聞いて,
すぐ影響される私は古武術の本を読んだりしたもんです。


パイレーツに入団してメジャーを目指す桑田さんを見て心底応援しておったのですが,
現実はキビシイのですなあ。でも,桑田さんの生き様に心打たれた人は
たくさんいるはずです。すばらしいなあ。ありがとうございますといいたいです。


今年も野球が始まりました。
本年もジャイアンツを応援しようと思っているのですが,
巨人のユニフォームを着た小笠原や谷,ラミレスにはなにかこう,違和感というかなんというか
ひっかかるというか,複雑な心境というか,なんともいえない感じがしないともいえないでもないのです。
俺は肩が弱くとも清水さんがレフトを守っているとこが見たいのだ!
清水!清水!清水!

ポスト福王の呼び声も高い大道さんもどうかひとつ。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-03-30 15:00 | 手記

あの日

こんにちは。井澤です。

やはり日本の教育システムというのはよく出来たもので,人生の中でのもっとも
のびのびと生活できる小中学生には,年に1日,地獄を見る日が用意されています。
その日には40日分の気象状況を調べ上げ,膨大な量の問題を解きまくり,
記憶の薄れた状態で40日分の随筆を書かなければならないのです。

8月31日

これほどまでに生徒に焦燥感を与える日はありません。
コレをなにかのイベントにしない手はありません。
バレンタイン的なことを考えたほうがいいと思います。
大人が近所の小中学生に元気を与えるためにコーラを配るとかね。よくわかりませんが。


なんでこんな話になったかというと,昨年末から昨今にかけて,
このなんともいえない仕事の量とか,公私にわたっていろいろある今の状態は,
あの8月31日に味わう感じと同じだなと思い,ちょっと懐かしく思ったからです。

懐かしいけど,この「なんとかしないと感」は物凄く嫌です。
斜陽のサラリーマンに安楽の地はないのだ!おお!

野球も始まったようですし,なんとかがんばらないと。


<井澤企画その後>
今月はじめにちょいとした理由で井澤企画を休ませていただいたのですが,
その反響はほとんど皆無でした。なんというか,更新もダラダラしてたし,
味気ない内容ではあったものの,お客様との温度差は思っていた以上だったようです。
いやしかし,ちょっとくらいは反響があるかと思っていた自分が恥ずかしいっす。
おこがましいとはこのことです。
[PR]
by izawaheavyind | 2008-03-24 16:39 | 手記