<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

上野で葛飾

こんばんは井澤です。今日は中央線の車窓からお送りしておりますよ。

先週は上野でやっている北斎展に行ったんですが、コレがかなりよかった。21歳のデビュー作から80過ぎまで、珠玉の300点がアメ横(の近く)に並べてございます。
普段絵なんざ金払って見ないんですが、小生は中学のとき、永谷園のお茶漬けについている名画カードを集めて、北斎全集を手に入れた程度の北斎通ですから、コレは行かないと、と思いたってしまいました。というわけです。

いやしかしよかった。富士山のシリーズもいいんですが、かなりバカっぽいのを書いてて、そっちが素晴らしいなあと思いました。大黒様が二股に別れた大根をかついで喜んでるやつとか、ひたすら変な顔を必要以上に書き連ねたやつとか、挙げ句の果てにはナマコの絵まで書く始末。そりゃあねえだろっていうのがあるから北斎はいいんですよ。大巨匠なのに。
しかしそんな北斎の絵が世界中に散らばっているのに驚きました。ニューヨーカーもイギリス紳士もパリジェンヌもナマコを見て「粋だね」と思ってるわけです。
……かどうかは知らんですが、世界に撒かれた北斎をいっぺんに見る機会はもうないでしょう。4日まででおしまいですから、ヒマな人は是非。

モテリーマンたるもの、北斎のひとつでも見ておいたらいいですよ。万博並みに混んでますが。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-11-30 23:30

スーランプ

d0007268_004122.gif

弊社をよく知る人に、
「最近井澤企画変わりましたよね」
といわれてフッと「これはマズイ」と思いました。
ここ最近の更新は随分楽をしておるんじゃないかと。
これでいいのかと。いやよくないと。このように思うわけです。
作っている当人が見てもネタがヌルイ。

最近どうも調子がよくないし、キレも悪いし、脳が燻っているような感じがするのは、
クダラン事をやらないようにしてしまったことが災いした気がしてきました。
ここいらでちょっと大き目のネタをやって、どれくらい社会に毒されてしまったかを
計っとくというのもいいかもわかりません。見る人はグッと減りましたが、
V字回復を目指すべく、やろうじゃないのと。
とりあえず、井ごっつを久々にやりたいですね。

これでコケたらちょっと考えちゃうなー。マズイね。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-11-30 00:08 | 手記

d0007268_22524819.gif

ひとんちの会社を買い取って儲けるというのを、「働く」というかどうかっつうのが
どうも引っかかるところで、だからITとかファンドとかがどっちかっつうと嫌いです。
ホリエモンさんをみても儲けてるなというのは感じますが、働いてんなっていう感じは
あんまりしないです。ま、実際は働いているんですが。

時代の流れを読んで、いいものを効率よく、速く、合理的かつ経済的に、
なおかつ環境にもやさしいとか、そういうことを考えたうえで、最も金を儲けることを
考えるのがうまい人が、今いちばんいい経営者ということになるんでしょうなあ。
なんか、しっくりこない。中学の時分から古今亭志ん生を聞くなどの暮らしをしていたためか、
時代の流れが早くなっていることで、参っちゃうなと思ってます。

軽く貧乏してるくらいがいいんじゃないのというのが、若ジジイである小生の考えです。
昭和っぽいものがブームになっているのは、昭和よりよくなっているはずの
平成が、実際はあんまりそうではないからではないのかね。

まったく関係ないですが、このあいだ通勤で、満員電車で貧血で倒れた人がいたんですが、
座ってるひとが全員寝たふりしてて、どうにも呆れました。
もう人情とか、そういうレベルの話じゃないですね。
もう、いろんなことはダメかもわからんねという気もします。漠然と、です。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-11-23 23:22 | 手記

マンネン

d0007268_0161935.gif

最近万年筆を買いました。万年筆というと、非常に高級な、書斎を持つ、ちょび髭の似合う、
七三分けの、黒ぶちメガネの、といった昭和の文豪気取りといった趣がしていたのですが、
無印の万年筆は1200円くらいで非常にリーズナブルです。お手軽で、なおかつイイ。
アルミ製というのもとてもステキです。やや、重いというのがまた高級感があるではないですか。

初めて使いましたが、おお、書いている。という感じがとてもするんです。
「書いている」ではなく、「おお、書いている」という感じ。
「書く」というのを意識するようになります。小生は、ですけど。

字の濃淡がでたり、筆圧で若干太さが変わったりしてるのがイイんですよ。
インクがすぐに乾かない若干の不便さもまたイイんです。
先週いろんなもんを書いて書いておったら、
1週間でインクがなくなってしまいました。書きすぎです。

夏目漱石のような髭をたくわえて、小説でも書こうかなという気にもならないでもありません。
先月断筆宣言をしたばかりですが。
字がキタナイのは何とかしたいと思います。今更ながら。
しかし、久々にイイモノ買ったなあ。

それはさておきまして、小生の万年筆は、たまにインクがでなくなって、
紙をカリカリ引っかいてるだけの棒に成り下がることがあるんですが、
万年筆というのははそういうものなんでしょうか。
欠陥だったんでしょうか?もしくは安いから?
万年筆をお使いの紳士の方、教えてくださると幸いです。
あ、淑女の方でも。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-11-17 00:18 | 手記

大物産展2

d0007268_21481.gif

最近は頑張れば頑張るほど裏目にでてしまいがちで、どうもいけません。
いまいち覇気もありませんで、どうもおもしろくない。甘くないですナ。

更新しましたよ。大物産展の「2」はなんてことないモノ自慢ですが、品がないモノ自慢に
なってはいけません。と思って作りました。文明のマガタマストラップがとても気に入っています。

井澤企画は「少なくとも、暇つぶしにはなったかな」と思っていただければいいなと思って
約週一回の更新をダラダラやっておるわけですが、実際どうなんでしょう。
反響が全然こないし、見る人はどんどん減っていくし、誰が見ているのかワカラナイし、
更新し甲斐がないなあといえばないなあと、思っています。
ま、内容がつまんないから、といわれてしまえばそれまでですが。

井澤企画ホームページが人気がないのは、私が生協に勤めてないからです。
ということにしておこう。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-11-13 02:24 | 更新速報

連続更新2

d0007268_22535269.gif

日本語もままならないくせに、NOVAに行ってんです。自己啓発かつ、暇潰しです。

今日の先生は女性の先生だったんですが、しゃべると口の中に何かが見えたんです。
最初アメでも食ってんのかと。英語をしゃべれん日本人は
アメと同様になめられてんのかと憤りを感じておったんですが、
よくよく見ますとピアスでした。おお凄い。
耳もピアスだらけなんですが、とても似合ううえに美人なので
不思議と自然でした。何時なのかワカランど派手な時計をしていましたよ。

麺とか食べるときに引っかかったりしねえのかなあとか、味がわかりにくくなったりしないのかとか、
そもそも何で舌にそんなものをつけるようになったのかなあといった気持ちで見ておりました。
ことによると宗教的なモノで、神様が入ってるようなものなのかとか、
たとえば親御さんがなくなられて、形見のピアスを親と寝食を共にするという意味で、
生きるために欠かせない呼吸の入り口である口内につけたのかもわからんなあ。
ちょっとイイ話だな。

なんて思っていたら、時間が来てしまいました。
まったく英語が身につかんかった。こういうのは自己啓発とはいえません。

実際なんで舌にピアスをつけてるのかは聞けませんでした。ちょっと怖かったから。
英語で聞かないといけないしね。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-11-06 22:56 | 手記

連続更新1

「世間知らずの苦労人」っていますよね。近所にいるかどうかは別として、
日本語として違和感はないです。よね?

しかし、正しい日本語のクイズによりますと、「世間知らず」と「苦労人」というのは
互いに反対語だそうです。つまりは「世間知らずの苦労人」という言葉は
「あったかいアイスコーヒー」といっているようなもんなんです。

最近「日本人たるもの正しい日本語を知らないとダメですよ」的な番組が横行しています。
会議中、課長にホワイトボードの誤字や漢字の書き順を指摘されまくる小生には、
この脅迫まがいとも取れる類の番組は勘弁してほしいわけです。

正しい日本語って誰がいつ決めたのよ。その発祥のほうを「ふしぎ発見」かなんかで
やってくんねえかなあ。
英語どころか日本語もままならんよ。しゃべれんくなってしまう。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2005-11-06 22:46 | 手記