<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ギャラリーマン

今晩は井澤です。

今日は妹の行っている学校の友人が、ギャラリーをやってるというので行きました。
新橋の非常に小さな一角でやってたんですが、
絵や、ヘンなものがおいてあり、とてもよかった。
一生懸命作られているし、まじめにやっているのが伝わってくるので、
ほんとに素晴らしくて偉いなと思いました。
不真面目シケリーマンの小生は合わせる顔がないですね。

妹の友人の中に、手拭いを作って展示している女の子がいました。
これがまたツボをついたいいものをつくっておられる。
手拭いを崇高する小生は火がついたわけです。
手拭いの染め方や、古今東西の手拭いの話など、
至極マニアックな手拭い談義で花を咲かせるという一幕もありました。
若いながらも日本文化のいいものを残そうという考えがあるとの事で、
粋な若い衆がまだまだいるじゃねえかと、いい気分になりました。
生きてればこういう人に会うという珍しいこともあるものです。

学生の時分というのは時間がたくさんありますから、
いろんなことを吸収して、作りたいものに注力できるし、
納得いくまでやることができます。
小生もかつてはとてもつまらない論文を、つまらないなりに一生懸命
やっておったことがありました。いくらがんばっても内容がつまんない
ことがわかっていたにもかかわらず、
「無為に生まれてきたやつが作ったものは、無為である以外のなにものでもない」
と思ってましたから、つまんなくてもおもしろかった。ひまつぶしにやってたような
ところがあるので、気分もわりと楽でしたし、いろんなことを考える時間もあったので
有意義であったような気がします。いろんな人にも会うことができましたしね。

会社に入っていろんなことをやると、金が絡んできますから、
自分のやりたいのと、やりたくないのとっていうのが自分で決められなくなりますし、
ましてや、ひまつぶしでやられては堪らない!ということに当然なりますわね。
また、各業界というのは色々なつまらんことがわりとたくさんあるわけです。
というのを考えると、学生のとき作るものというのはそういうのがないから
おもしれえなと思いますよ。プロ野球と甲子園の違いという感じでしょうか。


ところで、「ギャラリー」というのも面白いなと思いました。
べつに美術学校にかよってなくたって場所を確保すれば
いろんなものを展示したりっつうのはできるわけですから、
アマチュアバンドのライブとか、草野球の試合みたいな感じで
企画展をやるというのも一興かな、という気もします。

やんないけど。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-02-26 03:49 | 手記

知らぬが仏

こんばんは。井澤です。トリノ面白いですね。
今日は長いですよ。

徳川綱吉といえば、犬公方とよばれ、「生類憐みの令」を出すなど、
徳川将軍の中でもっともアホっぽい将軍として知られておりますが、
最近の日本史学者のなかでは俗説だということになっておる。らしい。

詳細はワカランのですが、綱吉が生き物を大切にしようという令を出したのは、
戦国時代の殺伐とした空気が残っているのを一掃するように、道徳の再教育みたいな
意味で出したもので、べつにただの犬好きが権力の濫用をしとるわけではない。
らしい。ですよ。だから、生類憐みの令で罰を受けたのは武士のクラスだけで、
一般人で刑罰を受けた記録は残っていないんだそうです。
らしい。ですよ。

「生類憐みの令」を過酷でヒドイ、くだらないといってたのは当時の浪人作家に
よる文書にかかれていたものだそうです。それが今の今まで残っているといった
事態になっているんだそうです。そういう文書は、民主党が公開した
ホリエモンのメールみたいに信憑性のない資料ということで、
ちょっと怪しいんじゃないの、ということになっているらしい。ですよ。

ま、なんにしても、江戸時代にもマスコミみたいなものがあって、メディアが偏った
伝え方をしたりというのが、少なからずあったということでしょう。
それが歴史の教科書にまで載っちゃってんだから、綱吉も浮かばれねえな。
と思ったまでです。


報道でしかいろんな情報を得られないというのは、怖いですよ。
それが本当のことかどうか、本来は自分が判断するしか
ないんだけど、めんどくさいからテレビで報道されてることは
たいがいのことは本当のことなんだろうなというふうになってるでしょう。
それは実はあぶない事なんじゃないのと最近とても強くおもいます。
綱吉のようなことが、たぶんたくさん起きとるにちがいねえ。

小生は写真を見てどっちが加護ちゃんで、どっちが辻ちゃんだかわかんないくらいなんですが、
加護ちゃんがタバコ吸って怒られている報道を見てて、なんとも解せないなと思ってます。

たいてい、タバコを吸う人は早々に吸っているし、「20歳になったからはじめました」
という人はちょっとへんなやつの扱いを受けますね。これは酒も然りです。
ま、加護ちゃんは芸能人だから、モー娘。ファンのちびっ子への影響もあるから
叱られているんじゃないかと思いますが、それじゃあ辻ちゃんは吸ってないのというのは
わからんわけです。たまたま、週刊誌が写真を撮ってばれちゃったから叱られてるだけで、
これは加護ちゃんが「運が悪かった」ということになるわけです。

芸能人がタバコ吸ったどうこうなんて、相当どうでもいいですが、

「加護ちゃんがタバコを吸ってたけど、ほかの芸能人は吸ってない」

というのと、

「ライブドアはとんでもない会社だけど、ほかのIT企業はちゃんとしてる」
「アメリカの牛肉はあぶねえけど、ほかの牛肉は大丈夫」
「姉歯設計のマンションはあぶねえけど、ほかの設計士は大丈夫」
「橋の会社は談合しててけしからんけど、ほかの日本企業は健全」

というのは変わらんと思います。楽天やソフトバンクが影でなにやってるか、
鶏肉や豚肉はどうなってるか、わからないというだけで、本当は危ないかもしれない。
でも、ワカランということで秩序が保たれているんじゃないのと、思います。

本当のことは、ワカランのです。ワカランのなら、知らないほうがいいんです。
知らぬが仏です。くさいものには蓋をしておけと。私は思うのですが、
まわりはそう思ってないらしい。

テレビをぼんやり見ていると、実に気の毒であったり、悲しかったり、腹の立つ
ニュースばっかりやっててよくないので、全部やめたらいいと思います。
パソコンもよしといたほうが、楽しい暮らしになるような気がしますよ。

国会中継の内容なんて、テレビでも新聞でも公開しないで、
みんな知らないほうが平和だと思うし、滅入ることもない思います。
民主党の若手がメールのコピーを振り回して鬼の首とった顔してるのを見ると
なんなのよと思いますよ。予算を決めるんじゃなかったのか。


一週間分、文章書きました。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
イザワキカクはもうそろそろ潮時だなと感じてます。
という悲しいニュースで〆めます。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-02-19 00:15 | 手記

憧れの人

d0007268_2294866.jpg


こんばんはイザワです。相変わらず反響の少ないHPを淡々と続けておりますよ。

いつもと同じように、冴えないサラリーマンをやっている木曜日、
家に帰ってヤフーのニュースをみてはじめて、藤田監督の訃報知りました。
前々から体調がすぐれないとのことでしたが、とても、ショックでした。

小生が初めて行った巨人戦が、神宮球場のヤクルト対巨人。当時の監督が藤田さんです。
幼心に藤田監督のダンディズムに憧れていた小生は、
藤田監督に「かんとくー!」と手を振りましたら、監督は手を振ってくれました。
感激でしたね。初の巨人戦観戦で、テンションもあがっておったのでしょう。
忘れっぽい小生ですら、感激の大きさをいまでも覚えています。

藤田監督の試合で印象的なのは1989年の日本シリーズです。相手は近鉄。
近鉄が3連勝のあと、「巨人はロッテより弱い」と加藤哲に罵られた巨人が、
4連勝して逆転優勝というスバラシイシリーズです。MVPは駒田。
その、日本一になった巨人の監督が、藤田監督。敗れた近鉄の監督が、仰木監督です。
奇しくも同じような時期に、名将が2人とも亡くなられました。残念なことです。

小生は昨年だかに、藤田監督の講演会にいってるんです。
本当にかっこよかった。野球選手特有の男らしさというか、強い感じというのが
あるだけでなく、品もあるところがかっこいいんです。国際フォーラムの席で藤田さんを
見ていた小生の目ン玉は、神宮で手を振っていたときと同じ目ン玉になっていたに違いない。
長年憧れていた人の一人でした。ご冥福をお祈りします。


さて、更新しましたので、ご報告を。
昨年に小生の友人がベトナムに行ったときに、井澤企画手拭いを持っていってくださった。
その写真をいただいたので、それをネタにしましたよ。

アンコールワットを背に、看板に手拭いが引っかかってる写真がイイ。
神様の腰巻きにしている写真を見て、センスのある友人を持ったものだと思いました。
S木殿。ありがとう!
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-02-12 02:50 | 更新速報