<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジーコに感謝

ジーコさんという人はブラジルではそれはそれは大スターで、
ブラジル代表の皆さんも幼少のときにジーコさんに少なからず憧れていたという
話をきいて、この人はなんとも偉くてすげえなと改めて思いました。
ブラジル代表が憧れる大スターが、日本代表の監督を やってくれたっていうのに、
ジーコさんに感謝しないばかりか、心無いこと言うスポーツニュースやファンの皆さんを見ると
とても残念な気持ちになりますね。

サッカーはそんなに詳しくないのでワカランのですが、
ジーコさんがサッカー日本代表の監督をやるのは、 王さんや長嶋さんが
中国代表の監督をやるような もんでしょう。ほんとに偉い人だし、すげえなと思います。
日本のために尽力してくれる偉大なブラジル人がいるんだと
いうだけでありがたいことだと思わんといけませんね。

負けた試合を「悪夢だ!」とか言うのも、いかがなものか。
負け戦を悪夢だというサムライはいねえよ。情けないではないの。



最近怒ってばっかりですので、ここでカルシウム補給にシラス干しを食べます。

おや、おいしい。


<未更新情報>
さて、だいぶ更新が滞っておりますが、小職は本業のほうで若干異動になりましたので、
ちょいと立て込んでいるんです。すみません。
他部署に異動になるんですが勤務地は同じで、22階の執務室から21階になります。
30mほどの異動。次の部署は死ぬほど忙しいらしいです。いやだなあ。

来週もいろんな出張が予定されていますので、またしばらく更新しないかもしれません。
でも、来月末はちょっとしたプロジェクトが発動しますよ。

ジャイアンツはりに不調の井澤でした。アディオス!
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-06-25 22:07 | SPORTS

喝だ!

サッカーは残念ながらオーストラリアに負けてしまいました。
素人目に見ても、勢いで負けていたと思います。
オーストラリアは荒削りな感じですが、じつにパワーがありますね。
さすが、カンガルーの肉を食っているだけのことはあります。
オーストラリアはサッカーも野球もすごく中途半端に強いので、
いい湯加減な感じがちょっとイイなと思いました。

日本のサポーターは、誰しも「オーストラリアには勝てる」と思っていたに違いない。
そういうところがいかんのです。考えが甘い。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-06-14 00:44 | SPORTS

井ごっつを更新しました


男性だと「フリーター」か「ニート」で、女性だと「家事手伝い」となるのがなんとも解せない!
冗談じゃない!「無職」で一元管理しろ!

おっと失礼しました。こんばんは。イザワです。
Wカップがはじまって、なんともいい感じですが、今日は日本ハム-中日戦を
NHKでやってました。素晴らしい試合でしたねぇ。実によかった。
夜はロッテ-巨人戦。ジャイアンツは今辛抱の時期だと思いました。
しぶとく応援し続けることが大切です。

最近の野球は内容のある試合が多いように思いますね。
サッカーもいいけど、野球もたまにはいいですよ。
明日はサッカー見ますけど。楢崎さんを応援します。


さて、昨年ペプシの青という、「ブルーレットおくだけ」みたいな色をしたペプシが
発売になり、大失敗しているにもかかわらず、今回はラー油みたいな赤いペプシが
新発売となりました。これもまた今ひとつ。
味はペプシなんですが、色がじつにまずそうです。
コーラというのはあの黒さがいいというのもあるんじゃねえかなあ。
その一方で、ダイエット系コーラのまずさを払拭したPEPSINEXはすばらしい。
カロリーゼロでありながら、普通のペプシと遜色ない味となっています。
カロリーはゼロですが、ほかに体に悪いものが入っているに違いない。

ま、ペプシ党としてはこの赤ペプシは飲んでおかなければいけなかったということで、
結論から言いますといまひとつです。取り急ぎ、ご報告まで。

<更新速報>
最近サボタージュ気味で、なんとも味気ないホームページになりつつありますが、
今日は井ごっつを集計しました。一ヶ月もかかってしまって申し訳ない!
3000ペソ氏が座布団トップに躍り出ました。やりましたね。おめでとうございます。

座布団といえば、リニューアルした笑点をはじめてみました。
なかなか、いいのではないでしょうか。小遊三が最近ツボです。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-06-12 00:49 | 更新速報

企業戦士

私は会社から有楽町線に乗って、永田町で南北線に乗り換え、
四ツ谷で降りて中央線に乗って家に帰ります。

地下鉄南北線の四ッ谷駅は、なぜか走ってJRの改札に飛び込む人がたくさんいるので、
非常に怖い。南北線の二重のドアが開いた瞬間、各馬がいっせいにスタートし、
物凄い勢いでJRの乗り場に滑り込むわけです。

そこで私は、最近運動不足なこともあり、今年度から、四ツ谷の乗り換えでは
JRの改札を必ず一番はじめに通過することにしました。
永田町駅に着いたときから戦いは始まっているわけです。
四ツ谷駅の階段(四谷怪談)に最も近くに降りられるように
永田町の時点でポジショニングを抑えておき、冷静を装って南北線に乗るわけです。
車内では誰が敵かわからない!永田町から四ツ谷は一駅ですが、一瞬の油断も
許されません。

そして四ッ谷駅。ドアの開いた瞬間は、ちびっ子のようにおもむろに飛び出して
走ってはいけません。四ツ谷から乗る人もいるわけですから、これは迷惑に値する。
紳士サラリーマンたるもの、人に迷惑をかけてはいけない。!
しかし、ぼやぼやしていると、猛者どもに追い抜かれてしまうので、
隙を見て階段を駆け上がります。南北線の四ッ谷駅の改札は3個しかないので、
ここでつっかかるといけない。もうあとがありません。ジ・エンド。

改札の難関をうまくクリアすると、階段を駆け上がる派とエスカレータを駆け上がる派に
分かれます。私は正統派なので、それはそれは男らしく階段(四谷怪談)を猛烈に駆け上がる。
ラストの直線でJRの改札に一位で飛び込んだときは、小さくガッツポーズをして
中央線を待ちます。じつに紳士で、なおかつ勇ましい。現在6連覇中です。

ビジネスとは戦いです。常に厳しい立場にある人間こそ頂点に近づいていくのです。
[PR]
by IzawaHeavyInd | 2006-06-06 00:31 | 手記